マイナンバーのメリットとデメリットについて

平成28年1月からマイナンバーが導入されていますが、いまいちこれが何か解らないという方も多いです。

マイナンバーは国民管理や識別を簡単にする事が最大の目的でもあり、例えるならばチームスポーツ等でユニフォーム着用している時の背番号のようなもので、国民一人づつに番号を振り分けて識別しやすくし、個人情報をナンバーと紐つけて管理しやすくなります。

マイナンバーと個人情報の紐つけ管理は情報漏れやプライバシー保護の面からもリスクもあり、導入に二の足を踏んでいたのですが、従来の個人情報管理は様々な組織毎に行われる事からも年金記録漏れやミスが発生し、マイナンバーを導入する事によってこうした漏れやミスを防げるというメリットがあるものです。

行政管理としてのメリットだけではなく、国民側にも様々なメリットがあり、個人情報管理が簡単になるという事は様々な手続き関係が簡単になりますし、役場等で手続きを行う場合でもスムーズに事務手続きを進めていく事が可能になります。

手間暇を省けるという事で、人員コスト等を削減可能になり、公的機関におけるサービスがさらに充実する事が期待され、それまで各組織の間で個人情報データの連携や共有が難しくて時間がかかっていた作業が、別の仕事に回せる可能性が高いです。

何事にもメリットだけではなくデメリットもあり、マイナンバー制度におけるデメリットはプライバシー侵害のリスクが付きまとい、簡単に個人を特定して情報確認出来る分、国や自治体等の管理担当者が必要ではない情報まで調べる事が可能であり、どうしてもプライバシー侵害に繋がる事も起こりえます。

他にも情報漏れした時のリスクも大きく、マイナンバーでは現在は社会保障や税金関係との紐つけがされる事になっていますが、将来的には銀行口座等多岐に渡る情報の紐つけが想定されており、情報流失した場合に悪用される可能性が非常に高くなり、損害が甚大になる可能性が高くなるものです。