マイナンバーで副業がばれることってあるの?

2016年の1月から始まったマイナンバーですが、どのような制度化イマイチよく分からないため、色々と不安に感じる人も多いです。

特に、副業している会社員は、マイナンバーから会社に副業していることがバレてしまうのではないかと心配する人が多数います。副業先にもマイナンバーの番号を提出する必要があるので、マイナンバー経由で会社に副業のことがバレてしまうかも、漠然とした不安を感じてしまうのです。

副業を禁止している会社も多いため、副業が会社にばれたら困りますよね。副業禁止の会社ではなくとも、副業をしていると分かった場合、なんとなく会社に居づらい雰囲気になってしまう可能性があります。隠せるものなら隠しておきたいと思うのは当然かもしれません。

では実際はどうでしょうか。副業をしていることを行政に把握されているようで、なんとなく気分が悪いものですよね。しかし、マイナンバーで複数の企業から収入を得ていることが個人番号から分かったとしても、マイナンバーによってそれが会社側に伝わることはありません。現段階では、マイナンバーは主に行政上の手続きに役立てられるものであるからです。

自分が働く会社に、「この従業員は、他の仕事もしていますよ」と行政側がバラすようなことはないでしょう。ただし、通常の確定申告は必要になりますし、確定申告を怠ればマイナンバーからすぐに分かるようになるので、注意が必要となります。

マイナンバーは始まったばかりの制度であり、今後どのような変遷があるかはまだ分かりません。副業をしたり副収入があった場合、今までは確定申告しなくても運が良ければ税金をごまかせたかもしれませんが、今後そういうわけにはいきません。

マイナンバーによってしっかりと個人の収入が明確化されることになります。誰しも、できれば税金を払いたくないと考えてしまいますが、正しい納税は国民の義務です。副業、副収入の納税を怠ることで、会社に副業がばれる恐れもありますので、注意してください。