マイナンバー制度のメリットとデメリット

マイナンバー制度は一見、国から見ると脱税を防いだり、税金の滞納を防いだりと良い事ばかりです。しかし、制度自体は国が安定するための物と言うイメージがあり、国民にどの様なメリットがあるのか、デメリットがあるのか知らない人も多いのが現実です。

マイナンバー制度は健康保険証や運転免許証、パスポート番号などが一つのカードで大丈夫になると言うメリットを持っています。今まではいちいち別のカードを提示しないといけなかった所を一つのカードを持っているだけで様々な機関に通る事ができます。

手続きも一つのメリットで市役所などの手続きが簡単になると言う効果を持ちます。例を挙げると年金や労働保険の手続きや税金の申告手続き、現在なら被災した場所への支援金の手続きも可能です。何かの手続きをする時にマイナンバーカードだけで済むのは非常に楽と言う声もあり、国民全員のメリットとなります。

社会保険料などの自分が役所に支払ったお金をしっかりと管理できるシステムも使う事が可能です。これもマイナンバー制度なしではできない事なので、お金の管理が間違っていないか見たいと言う人には利便性が強くなります。役所などが間違えている可能性もこれで無くなるので、一円の無駄もしたくない人の最大のメリットと言えます。

マイナンバー制度には上記の様に見るとメリットとしかない様に思えます。しかし、デメリットもきちんと存在しており、一つのカードにまとめると言う事は紛失した時に全ての機関が使えなくなると言う事態を招きます。もちろん、これは個人情報の流出も兼ねての事です。

マイナンバーのカード番号は基本的に変わる事はありません。例外として、マイナンバーが最初に別の家に行ってしまったと言う場合には、即座に番号を変えるなどの手続きを行っていましたが、現在ではまずありません。そのため、パソコンからハッキングされ、個人情報を丸々盗まれる事もあり得ます。

実際にはマイナンバーのなりすましを行えば、失業保険などの給付金に影響します。もしも、機関が把握していない状態でやられれば、損害額は大きくなる事は間違いありません。これを防ぐために、メリットとデメリットを把握した上で利用するのが得策です。”